子育てに励むママへ。育児の悩み喜び共有ブログ
子どもとママに
愛と笑顔を届けるために

出産後に働く?育児に専念?悩んだ末にたどり着いた結果とは

こんにちは!カナコです。

4歳の娘を仕事をしながら育てています。

出産後も働くか、仕事を辞めて専業主婦になるか。

悩ましいところですよね。

「子どもとの時間はたくさん欲しい」

「仕事は続けたいけど、両立が大変そう…」

「経済的な面を考えると…」

これから進む未知の世界に、不安でいっぱいのママも多いのではないでしょうか?

今回は私の経験から皆さんに『育児と仕事の両立』についてお伝えできればと思います。

妊娠が発覚した時は、今後のことについてこう思っていました

私の場合を振り返ってみると、妊娠が発覚した時は仕事を辞めるという選択肢もありました。

経済的な面から見ると、専業主婦にはなれないと思いましたが、会社の制度をよく理解しておらず、契約社員で育休と産休が取れるとは思っていなかったからです。

一旦仕事は辞めて、しばらくしてから再就職するしかないなと考えていました。

自分自身も共働き家庭で育ったこと、自分の子どもの可愛さを知らなかったこと(子ども好きということではなかった)から、子育てと仕事の両立に気持ち的な抵抗はありませんでした。

ただ、家事が好きな方ではなかったため(笑)、

「働いて、家事もして、育児もして…わー絶対無理!!」

と思っていました。

それでも、経済的な面を考えて、育休と産休を取得して復帰するという道を選びました。

実際子どもが生まれてからの考え方

欲しいと思って授かった子どもですが、正直、子どもと接するのは苦手と思っていた私。

ところが妊娠中のエコー写真から、すでに可愛いじゃないですか!

さらに産休に入ってからの、妊娠中の緩やかな幸福感。

「あーこのまま仕事辞めれたらどんなにいいだろう」

とも思いました。

そして迎えた出産。

生まれた自分の子どもは、可愛いを超えた可愛さ!

とにかく片時も離れたくない!

できればおんぶして仕事に行きたい!

どうにかバレずに会社に連れて行けないかな?

と妄想する日々。

また、自分の仕事が専門職でないことも、仕事を辞めたい気持ちに拍車をかけます。

雑誌やテレビで特集されるワーキングマザーは、自分にしかできない仕事に就いてる人がほとんど。

仕事をバリバリとこなし、高収入で、出産前のポジションを与えられていたり、身につけたスキルで子育てに合わせた時間でフリーで働いていたり。

なんかかっこいいのです。

かたや私は、特にスキルがあるわけでもなく、高給取りでもない。

「子どもを預けてまで働く価値って??」

と考えたりもしました。

当時は前代未聞の我が子の可愛さに、必要以上にナーバスになっていたのだと思います。

今は育児に専念しつつ仕事も頑張っています!

仕事復帰したら、娘とはこんなにべったりいられないだろうし、家事がいっぱいで遊ぶ時間もない!

なんて、育休中は焦っていた私。

(実際はそんなことないのですが。)

およそ2年の育休が終わり、保育園に通い始めてから3年。

今は育児短時間勤務を利用しています。

初めて保育園に預ける時の胸が締め付けられるような気持ち、お迎えに行った時の笑顔に安堵して、まさかの私が涙ぐんだこと、今でも鮮明に思い出します。

「仕事を辞めて家にいたほうがいいのかな?」

と思うことももちろんあります。

たまに保育園に行きたくないと娘が言う時、明日は保育園休みとなると嬉しそうにする時なんかは、保育園で必要以上に頑張っているんだなと感じます。

その逆で、「もっと働いたほうがいいのかな?」

と迷う時もあります。

フルタイムでバリバリ働く人と色んな差が出てくる時があるからです。

今後のことを考えると今のうちに転職しておくか、残業してでもキャリアアップを計らないといけないんじゃないかとか考えることもしばしば。

働いても働かなくても、共働きママでも専業ママでも、迷ったり悩んだりしながら進んでいくしかないんだなと親になって改めて感じています。

そんな中、私にできることは、時短で働ける状況に感謝して、娘と過ごす時間をたくさん取ることしかないと思っています。

まとめ

育児と仕事の両立は難しく大変なイメージがつきものですが、一旦その生活を始めてしまえば、なんとかやっていけるもの。

ポイントは、理想を高く掲げすぎないことと優先順位を決めること。

部屋はモデルルームのように綺麗で、いつも手作りのお菓子で、働く時はお洒落な服で、自分にしかできない仕事をバリバリしている。

そんなママは…どこかにはいるかも知れませんし、理想に近づこうとすることは大切なことかも知れませんが、一番は、ママがリラックスして過ごせること。

そして子どもと時間を共有すること。

多少の「できない」ことも受け入れて、自分に合った暮らしをしていくと少し楽になるのかなと感じている日々です。

そんな私も毎日、あたふたしてますし、イライラすることもたくさんあります。まだまだ修行中です!

一緒に頑張りましょうね♪