子育てに励むママへ。育児の悩み喜び共有ブログ
子どもとママに
愛と笑顔を届けるために

汗っかきの赤ちゃんが、心地よい眠りにつくための方法は!?

はじめまして、こんにちは!

3歳の男の子と0歳3ヶ月の女の子を育てています、yuka-shiです!

我が家では、家族みんなで布団で寝ています。

寒い冬の日の夜、ぬくぬくしている私の横で、布団を全て蹴飛ばし、涼しさを求める息子(笑)

風邪を引いたらいけないっ!

と布団をかける私。

蹴飛ばす息子。

こんないたちごっこを夜な夜な繰り返しています。

そんな時、いつも決まって思い出すのは、暑い季節の息子のこと…。

特に赤ちゃんの頃、汗っかきの息子と奮闘したことを思い出します。

今日は、その時のエピソードを交えて、我が家の汗対策を紹介させていただきます。

汗っかきで困ったエピソードがこんなにありました

子供は大人より体温が高い!

と聞いてはいたけれど、まだ実感できていなかった息子0歳の夏。

ハイハイにつかまり立ちと、体をたくさん動かすようになった息子は、とにかく汗っかき!

動いては汗をかき、着替えてはまた動いて汗をかき。。。

とにかく洗濯物が溜まる溜まる!

我が家の洗濯機はフル稼働でした!

着替えても着替えてもすぐに汗をかく息子は、お昼寝の時も、汗だく!

ようやく寝た〜と思っても、暑くて眠れず、すぐにギャン泣き(笑)

何か良い策はないかな~と思っていると、おばあちゃんから

「背中にガーゼを挟むと良いよ」

と一言!

教えてもらって、すぐに実行しました。

さすがおばあちゃんの知恵袋!!

背中の汗をたくさん吸ってくれるし、湿ってきたらガーゼをシュッと抜いて、新しいものをサッと差し込む!

しかもすぐ乾くしとってもラクチン!助かる〜!

と感動しました。

が、しか〜し!忘れていました!オムツの存在!

こまめに変えていたつもりでも、汗っかきの息子のオムツは、いつも以上にムレムレ〜

すぐにあせもで、お尻が真っ赤っか。

暑苦しさに加えて、ヒリヒリお尻で、息子はお昼寝どころか、夜も眠れずギャン泣き。

あやす親は寝不足で泣きたい気分でした(笑)

すぐにお医者さんで薬をもらい、1日に何度も塗りました。

塗った後も、少し風に当ててお尻を乾かしてからオムツを履かせるようにしました。

すると赤みが少しずつとれてホッと一安心。

汗をたくさんかくだけで、いろいろと大変なんだと学びました。

汗っかきが原因で起こった一大事件

汗っかきだとわかる前のこと。

少しずつ気温が上がってきた頃、授乳をしても、オムツを替えても、抱っこをしても、何をやっても泣き止まない息子がいました。

お手上げ状態の中、なんとなく窓を開けて空気を入れ替えることに。

部屋が涼しくなった途端にピタっと泣き止んだ息子。

「今までなんだったんだ〜!」

っと驚きを通り越して笑ってしまいました。

それからは、息子が訳も分からず泣いたら、まずは部屋を涼しくする!

これが我が家のルーティンになりました。

そんなある夏の日、家族揃って親戚のおうちにお泊りに行くことに。

その日の夜も、息子は安定のギャン泣き!

いつもなら、窓を開けるけれど、ここはいつもと違うところ。

窓までは遠いため、クーラーを使わせてもらいました。

大人が少し涼しいと思う温度ではなかなか泣き止んでくれず、真夏でも毛布が欲しいと思うくらい冷やして、ようやく眠りについてくれました(笑)

しかし、冷え冷え部屋で大人は眠れず、限界を感じてクーラーを消すと、すぐに息子が起きてギャン泣き。

仕方なく、夜通し涼しいところで抱っこをして、息子を寝かせました。

汗っかきにオススメの快眠グッズ

息子も私も、このままでは寝不足!

困った私は、何かいい方法はないかと探すべく、すぐに子供用品を扱う店に駆け込みました!

そこで見つけたグッズが、子供用のひんやりする敷きパッドでした。

おもては触るとヒヤッとするし、うらは防水加工になっている優れもの。

しかも子供用だからサイズも小さく、汚れたり濡れたりしても、洗いやすいし扱いやすい!

早速、その日の寝かしつけに使ってみることに。

すると、効果テキメン!

あれだけぐずっていた息子が、ウソみたいにコロッと寝てくれました!!

しかも、ヒンヤリ素材のため、今までよりも、寝汗をかかなくなった気がします。

今では、息子の快眠のために、我が家には無くてはならないマストアイテムとなりました。

もちろん、旅行などのお出かけにも持っていきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

汗っかきだと、すぐに洋服がびしょびしょになるだけでなく、オムツでお尻がかぶれたり、暑くて昼も夜も眠れなくなったりします。

大人以上に体温調整が必要な赤ちゃんだからこそ、暑い時には涼しく寝かせてあげたい。

そして、親が少しでもぐっすり眠る時間を作るためにも、この快眠グッズは役に立つと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!