子育てに励むママへ。育児の悩み喜び共有ブログ
子どもとママに
愛と笑顔を届けるために

絶対必要!お勧めのベビーカーは?我が家のベビーカーの選び方

こんにちは!子育てママのMIRIです。

春から息子の保育園が決まり、毎日ソワソワが止まりません 笑

さてさて、今回はベビーカーのお話。

無事に出産を終え、身体も出産前の状態に大分戻り、安定してくると、そろそろ赤ちゃんとお出掛けしたいな、という気持ちになってきませんか?

赤ちゃんとのお出掛けに欠かせないグッズと言えば、ベビーカー。

出産前からいろいろと下調べして、お出掛けを待ちわびているママ達も多いのではないでしょうか。

ただ選ぶにしても、メーカーも種類もたくさん。

ネットや雑誌で調べたり、周りのママ達の評判を聞いて比較はしたものの、選び方がよくわからない、という意見もよく聞きます。

ここでは、ベビーカー選びのコツやポイントについてお話させて頂きます。

選ぶ基準で大切な事

数あるベビーカーの中から、1台を決めるのは難しいですよね。

安い買い物ではないし、慎重に選びたい。

理想をすべて満たしてくれるベビーカーに出会うことは、なかなか至難の業です。

まず選ぶ上で大切なことは、「生活スタイルに合わせて何を重要とするか」という事です。

操作性、軽量でコンパクト、安全性、価格、デザインなど、ベビーカー1つ見ても機能は様々。

メーカーによっても強み、弱みが違います。

「これだけは外せない」

という条件をある程度クリア出来れば、それは自分に合ったベビーカーと言えるのだと思います。

また、あまりオススメしないのは、ネットの情報だけで決めてしまわないということです。

確かにメーカーのHPだけでなく、ランキングや口コミの評判など、情報は豊富。

手軽だし、一見問題なさそうですよね。

でもそれは違います!

やはり画面上で見るのと、実際に見て操作した場合とでは全く印象が違います。

私は出産前に、ネットで選んで、3輪タイプのベビーカーを買うことに決めていました。

しかし、出産後に実際にお店に行って使ってみると想像以上に重たかったり、あまり重要視していなかった他の機能の便利さに気付いたり・・・

そんなこんなで、最終的に違う商品に決めました。

この事は次の章でもお話しますね♪

またお店には必ずベビーカーコンシェルジュ(勝手に言ってるだけですが 笑 )のような方がいらっしゃいます。

その方たちに聞くと、商品の事だけでなく、選び方、他メーカーとの違い、年代ごとに進化している点なども丁寧に教えて頂けます。

自分の目で確認して選ぶことも、大切なポイントです。

しっかり見極めて、理想の1台を見つけてくださいね♪

我が家のベビーカーの選び方

では、実際にどんな機能があると便利なんでしょうか。

ここでは我が家のベビーカーの選び方をご紹介致します。

まず、私の生活スタイルはこうでした。

・スーパー、コンビニ、病院が歩いて行ける範囲のところにあるので、お出掛けは徒歩中心

・電車に乗る機会が比較的多い

・低月齢からできるだけ長く使いたい

これらの状況を踏まえ、最終的に購入したベビーカーは、アップリカのラクーナ ビッテ(2017年アカチャンホンポ限定モデル)。

購入の決め手になったのは、次に挙げる機能が付いていたからです。

1.小回りが利く操作性

我が家はスーパー、コンビニ、病院や薬局も歩いて行くことができる範囲だったので、お出掛けにはベビーカーは必需品でした。

多少道が整備されていない所でも、楽に押すことができます。

子どもを抱っこしながら、片手で押せる所も良かった点です。

2.軽量でコンパクト

重量は5.5㎏。電車を使う頻度が多かったので、簡単に折りたたむことが出来、片手で持ち上げることができたので、乗り降りも苦になりません。

そして車にも乗せやすい。

また、コンパクトだと電車の改札も通り抜けしやく、とても助けられました。

3.荷物がたくさん入る

赤ちゃんとの外出は何かと荷物がかさ張ります。

お出掛けのついでに買い物もお決まりのコースだったので、たくさん荷物が入ったり、掛けられたりすることは必須でした。

4.あかちゃんの快適度

生後1ヵ月~3歳まで乗れて、新生児にも優しい乗り心地。

またシートがメッシュ素材になっているので、通気性も抜群で汗をかいたり、汚れたりしても簡単に洗う事が出来ます。

ベビーカーではとにかく息子がよく寝てくれました。

もうすぐ2歳になる今でも、たまに乗せると寝ます 笑。

5.両対面機能

対面時は様子を随時確認することが出来て安心。

雨が降っても、小雨程度なら傘をさして濡れないように出来たことも便利でした。

このように、まずは生活環境を見た上で選んでいくと、おのずと絞られていきます。

何個か候補を決めた後は、好きなデザインだったり、予算に応じて決めるという方法もありますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ベビーカーの選び方の紹介

では次に、生活スタイルのタイプ別の選び方をご紹介します。

まずベビーカーの種類には、いくつかの型があります。

「A型」、「B型」など、皆さん一度は聞いたことありますよね。

これらは、生活スタイルに応じて選ぶ事ができます。

・ベビーカーでのお出掛けが多い場合

このタイプの方におススメなのが、A型ベビーカー。

生後1ヵ月から3歳くらいまで使用できます。

安定感があり、リクライニングの角度も調整できるので、赤ちゃんがより快適でいられるような作りになっています。

今は昔よりも軽量な商品も多く、持ち運びもしやすいです。

A型は大きくなっても使えるので、日本では人気のようですね。

ちなみに我が家もA型でした!

・車移動が中心でほとんど使わない場合

このタイプの方におススメなのはB型ベビーカーです。

生後約7か月(赤ちゃんの首や腰がすわった頃)から使用可能なベビーカー。

新生児の為の機能がない分、軽量でコンパクトなので持ち運びに便利。

車にも楽に乗せることができます。また背中が起きているので、子どもが景色を見やすいのも利点。

一般的に、A型に比べて値段が安いものが多いようです。

あまり購入を急がれていなければ、新生児のうちは抱っこ紐で移動か、A型をレンタルし、首が座ってきたらB型を購入する、というパターンも買い方としてオススメします。

その他にもバギータイプ、3輪タイプ、マルチユースタイプなど、様々なベビーカーのタイプがあります。

また最近では、第2子目、3子目のお子さんと一緒に乗れる、子沢山ママの為の個性的なベビーカーもよく見かけます。

どれも個性的でおしゃれなデザインで、便利な機能もたくさん。

ただ、とても手が届かないようなお値段のものが多いようですが・・・

ベビーカーも年代ごとに、どんどん進化していて、選ぶのが楽しくなりますよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

このようにベビーカーに対し、何を一番求めるかが選ぶポイントになります。

ベビーカー選びも子育ての醍醐味の1つです。

赤ちゃんとママにとって、最適な1台がみつかりますように。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。