子育てに励むママへ。育児の悩み喜び共有ブログ
子どもとママに
愛と笑顔を届けるために

赤ちゃんがなかなか寝てくれない。我が家の寝かしつけ対策!

こんにちは!1歳の娘とドタバタ育児中のmioです。

娘は生まれた時からなかなか寝てくれず、寝かしつけにはかなり苦労をしました。

少しでも寝てくれないとママはしんどいですよね…

今回は娘に試したことや対策をお話ししたいと思います。

寝かしつけエピソード

寝ぐずがひどかった娘は、授乳をしても何をしても泣いてなかなか寝ない子でした。

首がすわるまでは、抱っこしたままねんね。

下ろそうとしようものなら大泣き。

ベッドや布団に下ろせたら奇跡

…そんな奇跡もつかの間で、また泣いて起きて抱っこのループ。。。

首が座ってからは、抱っこ紐を導入。

相変わらずの寝ぐずでどうにもならなくなった時に使いましたが、すぐに寝ることはなく、家の中や外を30分~1時間かけて歩きまわった末にようやく寝てくれましたが、外そうものなら泣かれ、結局抱っこ紐をしたまま椅子に座っていることもしばしばありました。

はいはいやあんよができるようになり、布団での寝かしつけができるようになりましたが、今度はできることが増えて楽しくて

「寝ない!」

と大泣き、逃走(笑)

月齢ごとに寝かしつけの苦労はつきません。

今では1歳8カ月になり、お昼寝も夜もすんなり寝てくれるようになりました。

あんなに抱っこ抱っこだった娘が、最初から布団で寝てくれた日は、

「こんな日が来るんだな~」

とジーンときました。

こんなことを試しました!~グッズ編~

そんななかなか寝ない娘の寝かしつけに試したものや対策があるのでご紹介します!

寝具類

ずっと抱っこでは家の事ができない…少しの時間でいいから下ろして寝かしつけたい!

調べてみると赤ちゃんは丸まっている方が安心ということで、Cカーブクッションを購入。

また、おやすみたまごというクッションを姉から借りました。

平たいベッドやお布団よりは、背中のスイッチも入りにくく、寝てくれた記憶があります。

抱っこ紐

寝かしつけには首が安定してきた頃から抱っこ紐を導入。

寝ぐずで何をしてもどうにもならない時に使用しました。

というのも、“抱っこ紐での寝かしつけは癖になる”という記事を見たことがあり、躊躇していたからです。

娘の場合は、癖になることはありませんでした。

しかしながら、今度は抱っこ紐から布団への寝かしつけが相当大変でした。

赤ちゃんが気に入る音を鳴らす

娘はスーパーのビニール袋がお気に入りで、首が座るまでの寝かしつけはこれが一番効果的でした。

昼夜問わず、ひたすらガサガサし続けると次第に泣き止み、寝てくれていました。

赤ちゃんが安らぐ音を探してみるのもいいかもしれません。

こんなことを試しました!~対策編~

次にグッズを使わずに事前にできる対策や娘に試したことを紹介します。

語りかける

グッズ編で抱っこ紐の使用をお話しましたが、そこから布団での寝かしつけがまた一苦労でした。

そんな時、抱っこ紐や授乳で完全に寝かしつけてしまうと下ろすことが大変と聞き、その日から声をかけるようにしました。

抱っこ紐や授乳後にウトウトしているな~というタイミングで、

「お布団でゴロゴロねんねしようね~。ママと一緒だよ。お布団気持ちいいんだよ~」

と何度も言い聞かせ、声をかけながら下ろして、多少泣くくらいならそのまま寝かしつけてみて、ダメな時はまた抱っこを繰り返しました。

成長なのかそのおかげなのか、日を追うごとに布団で寝てくれるようになりました。

生活リズムを整える

日中の起きている時間が増えてきたな、と感じた頃から生活のリズムを意識するようにしました。

大体この時間帯に何をするかを決めて生活をして、夜なかなか寝ない日が続くようなことがあれば、起床時間やお昼寝の時間、遊びが足りているかなど振り返ることにしていました。

赤ちゃんに今がどんな時間なのか、光や生活音、お散歩などで知らせてあげ、メリハリのある生活を送ることもスムーズな寝かしつけにつながるかもしれません。

また、生活のパターンをつくっておくことで、離乳食やおやつの時間など新たな習慣を組み込むだけでいいので、その後が楽になるかと思います。

たくさん遊ぶ、ふれあう

赤ちゃんとたくさん遊んで、ふれあうことは、赤ちゃんの刺激となり、また体力を使うので、疲れて寝てくれることもあると思います。

なかなか寝ない娘も外でたくさん遊んだ日は、あっという間に寝てくれました。

私は毎日散歩に行けるほどモチベーションがなかったので、行ける時は買い物ついでの長い散歩、疲れている時は家の周りを少し歩く、あとは家の中で、動ける遊びをしたりしていました。

色々やったけどなかなか寝ないな~と思う時に遊びの内容やお散歩の時間などを変えてみるのもいいかもしれません。

まとめ

赤ちゃんがなかなか寝てくれないとママも

“なんで寝てくれないの?”

“寝かさなきゃ”

とつい力が入ってしまいます。

私もかなり躍起になって寝かしつけをしていましたが、そういう時ほど、赤ちゃんは寝ないんですよね。

ママの焦りや不安が伝わるみたいで…

そんな時は、一旦テレビや音楽など自分のリラックスできるものに意識を変えて、“寝かさなきゃいけない”呪縛から放たれてみましょう。

私自身も「もういいや」と他のことを考えていたら娘が寝てくれたことがありました。

本当に泣いてばかりで寝なかった娘も色々な段階を経て、成長し、気づいたらあっさり寝てくれるようになりました。

焦らず、力まず、赤ちゃんの寝かしつけの方法を見つけていってみてください。