子育てに励むママへ。育児の悩み喜び共有ブログ
子どもとママに
愛と笑顔を届けるために

大変な育児を乗り越える時に気持ちが上がった曲!ベスト3

こんにちは。

現在2児の 兄弟 を子育て中のみかんです。

長男は4歳2か月、次男は1歳5か月。

毎日の育児、お仕事、家事。

スムーズな日もあれば、そうでない日も。

ちょっとつまずいてしまった日、子どもを叱って気持ちが落ち込んだ日。

皆さんは、どのように気分転換をされていますか?

私のリフレッシュやストレス解消は・・・

子どもと一緒にするものは、絵本読み、歌う、変顔対決、室内で野球。

1人でのリフレッシュは、友達や家族とおしゃべり、読書。

そして、音楽を聴く!!

今回は音楽について紹介したいと思います。

私は、歌詞に共感して、気持ちがあがったり、感動して泣いたり、また頑張ろうという気持ちにさせられます。

そんな私が励まされる大好きな、気持ちが上がる曲ベスト3をお伝えします。

よかったら、ぜひ一度聞いてみてください!

気分が上がった曲!第3位!

  • ナオト・インティライミ/今のキミを忘れない

「泣いたり笑ったり いろんな時を過ごしたね

 ありがとう ありがとう 最後に今伝えたい

 今キミを 今のキミを いつまでも忘れないから

 泣かないで 笑ってよ 一番の笑顔見せて

 新しい日々の中で キミは忘れていくかな

 でも少しくらい覚えていて欲しい 一緒に過ごした時間(とき)を」

子育ては、子どもの自立がゴールだと考えている私は、この曲を聴くと、ゴールにたどり着いた時に、この歌詞のような気持ちでいたいなと強く思い、泣きそうになります。

この目標のために、日々頑張るんだという自分へのエールのようなこの曲。

とても前向きで元気になります。

ただ、上の歌詞の最後の2行のところでは、寂しさと過ぎていく時間の切なさで、胸がしめつけられます。

今は、子育てはいつ落ち着くの?

という気持ちがほとんどですが、過ぎてしまった時に、この歌詞のような気持ちでいれたら・・・。

毎日の育児で叱ってしまった時は、あまり覚えていないでほしいですが(笑)

気分が上がった曲!第2位

  • 福山雅治/家族になろうよ

「どれほど深く信じ合っても

 わからないこともあるでしょう

 その孤独と寄り添い生きることが

 「愛する」ということかもしれないから・・・

 いつかお父さんみたいに大きな背中で

 いつかお母さんみたいに静かな優しさで

 どんなことも越えてゆける

 家族になろうよ」

あるテレビで、子どもはどんな事があっても親を信頼し続けるという番組を見ました。

親を嫌いになることはない、それくらい唯一無二の存在なのだと。

そこまで信頼を寄せる子どもという小さく弱い存在。

ただ人の気持ちや心は、なかなか全部理解する事は難しいです。

それが、自分の気持ちを言葉で表現することが出来ない子どもであればなおさら。

親側も子ども側も、自分を理解してほしい、分かってほしい、認めてほしい。

そんな気持ちがどんな時も、あるような気がします。

だから、この歌詞のように、本当の愛情は、もしかしたらその子や相手側の気持ちに寄り添ってあげることなのかなぁ。

そんな風に思いました。

子どもにとって、一番小さな単位である家族。

そこが安らぎの場所になるように、母である私が安らぎのある人間でいたいと感じました。

ちょっと話題にもなりましたが、この曲にあわせて、鉄拳さんが書いたパラパラ漫画がとても感動します。

こちらもぜひぜひご覧ください!

気分が上がった曲!第1位!

  • 秦基博/ひまわりの約束

「そばにいたいよ 君のために出来ることが 僕にあるかな

 いつも君に ずっと君に 笑っていてほしくて

 ひまわりのような まっすぐなその優しさ 温もりを 全部

 これからは僕も 届けていきたい ここにある幸せに 気づいたから」

この曲は、息子も大好きな曲です。

ドラえもんの映画で使われていたこともあり。

映画を見た息子は、離れ離れになった、のび太とドラえもんの再開に感動して泣いていました。

いつものび太を助けてくれるドラえもん。

ドラえもんに絶対的な信頼を寄せるのび太。

この関係にすごく憧れます。

甘やかすのではなく、時に叱ったり諭したり。

ドラえもんは、どんな時ものび太を励まし勇気づけます。

それは、のび太にとって、どのくらい心強く温かいものでしょう。

また、一番最後の行の歌詞に、一番見失ってはいけない事を気づかせてもらいました。

その子の出来ないことや失敗したことに目が行ってしまいがちな私。

でも、その子は確かに諦めずに頑張っている。

ここにある幸せに気づく・・・

ケンカの後に仲直りして泣いたしまった私を見て、走ってティッシュを持ってきてくれる。

ふとした日常で

「ママ、いつも頑張ってくれてありがとう」

と言ってくれたこともあった。

弟がものを落としたら、

「大丈夫?」

と一番にかけつけることもよくある。

その子の良い所も悪い所も、得意も苦手もたくさん見てきたはず。

頑張っている姿も、諦めない強さも見てきたのに、ついつい心の余裕のない時は感情的に怒ってしまう。

私は、今ある幸せを気づかないでいました。

これからは、目の前の幸せを見失わないようにたくさん気づいていきたいと思います。

まとめ

番外編として、数曲おすすめがあるので追記させてください。

あしたわらおう/スキマスイッチ

勇気100%/光GENJI

パプリカ/Foorin

ただ、ありがとう/MONKEY MAGIC

糸/中島みゆき

元気を出して/竹内まりや

なども、紹介したように歌詞がよかったり、テンポが明るくてよかったり。

あとは子どもと一緒に口ずさみやすい曲です!!

音楽って、本当にリフレッシュ(ストレス解消)をできます。

また、歌詞の中には、日々の子育てを振り返れる時間やヒントをもらったりします。

育児に追われ、なかなか自分を見つめる時間・子どもの良い所を改めて感じる時間をとれないですよね。

1曲3分。

ちょっと疲れた自分に癒しの時間を。

心に余裕を。

この記事で、リフレッシュへの糸口が見つかる方がいますように。