子育てに励むママへ。育児の悩み喜び共有ブログ
子どもとママに
愛と笑顔を届けるために

今流行りのバイリンガル教育!我が家の体験談について

こんにちは♪

先日、高校生の息子が受けた英検(英語検定)のダブル受験の結果が気になって仕方のないカナユメです。

突然ですが、バイリンガル教育って、最近よく耳にしませんか?

もしくは、「英語の小学校での必修化」の文字の方がよく見聞きされるでしょうか?

バイリンガル教育って?

バイリンガル教育という言葉を調べてみると、

『生徒の母語を育てていくこと、生徒に第二言語を習得させること、母語と第二言語を用いた教科教育を行うこと、という三つの条件を同時に満たした第二言語習得のための教育方法のことである』(アメリカのバイリンガル教育 末藤美津子著 2002 東信堂)

と、とってもかしこまった、親も英語ペラペラ~なイメージの言葉が並んでいました。

でも、「もっと軽く考えた方が」と思い、ここからは我が家の体験をふまえてお話をさせていただけたらと思います(^-^)

バイリンガル教育を始めようと思ったきっかけ

我が家がバイリンガル教育を始めようと思った、たいそうなきっかけは正直言ってないんです。(汗)

ただ、新婚旅行で初めて海外に行った時に、今まで英語は得意な方だと思っていたことが実は「受験英語が得意だった」という事実を突き付けられまして((+_+))

子どもが生まれたら、「習い事として英語を考えたいな~」と漠然と思っていました。

そんな、息子3歳の冬のこと。

近所をお散歩していた時に、「英語の体験レッスン、募集中」の看板が目に入りました。

とてもキレイな色合いの看板で小さい子の興味を引いたらしく、息子に内容を聞かれたのです。

「えいごの おべんきょう しませんか?って、書いているよ」

と答えるやいなや、

「ぼく えいご する~!!!」と息子お得意の猛ダッシュで走り去っていきました(@_@;)

一瞬、何が起こったのか。

我に返ってようやく追いつくと、英語教室に上がり込んで、他の生徒さんたちに混じってニコニコしている息子の姿が(>_<)

焦るし申し訳ないし…。

ただ、先生がとっても嬉しそうに、

「息子さん、英語が大好きなようで、是非、正式に無料体験レッスンを受けに来られませんか?」

とお誘いいただきました。

突然乱入した幼児に驚いたであろうに、穏やかに受け入れてくださったあの笑顔が今でも忘れられません。

それが、息子が幼稚園の年中さんから中学校2年生までお世話になり、今では5歳の娘の英語の先生にもなっていただいているBE studio(ベネッセの英語教室)のM先生との出会いでした。

こんなことがありました!

息子は、「とても真面目で英語もお勉強も出来る~」といったような優等生ではありませんでしたが、幼児期から英語を習い続けた成果はとてもあったように思います。

何より、中学時代には既に基礎以上の英語レベルに達していたので、他の苦手教科に勉強の時間を割けていました。

また「英語が得意」という自他共に認められることがあることで、かなりの自信を持って高校受験に挑み、志望校に推薦入学も果たしました。

そんな兄の姿を見てきた5歳の娘も自然に英語に興味をもち、初めての習い事は、迷わずM先生のBE studio(ベネッセの英語教室)にお世話になっています☆

《BE studioのご紹介》

息子・娘共々お世話になっているBE studioのレッスンは週に1回。

年齢に合わせたカリキュラムが組まれ、ハロウィーンやクリスマスのような大きなイベント時には先生も一緒になって仮装を楽しんだり、外国の方がゲストとして遊びに来て下さり、肌で英語を楽しく感じ、年齢と共にレベルアップが自然とされる仕組みが出来上がっています。

何より驚いたのは、我が家は11歳差の育児の真っ最中ですが、息子の時と比べ、幼児期でのカリキュラム内容がかなりレベルアップしていたこと!!

小学校での必修化に備え、聞くだけではなく、書くことにもかなりビックリするほど力を入れた内容になっていました!!

最後に(^-^)

「バイリンガルになってくれたら」とまでは思っていませんでしたが、気づけば、海外旅行では通訳代りをしてくれるほどの英語力を息子は身につけていました。

これからも、息子の英語力は、彼の自己肯定の根っことなり、コミュニケーションの幅を広げ、人生を豊かな方向へ導いてくれるのではと期待しています。

「バイリンガル教育を!!」と力を入れていては、きつくなる日が親にも子にも来てしまいます。

大切なのは、「止めないで続けること」なんじゃないかと思います。

息子は小学校時代、体を動かすことの方が大好きで、「英語はやめたい~」と何度も交渉されました。

そのたびに、「英語するって言ったのは、3歳のあなただったよね?」と返事し続け今に至ります(笑)

お子さんが「自分からしたい~」と思ってくれるように、まずはママが軽くトライです♪

「おはよう」の代わりに「Good Morning♪」。

「こんにちは」の代わりに「Hello☆」。

お子さんが「ママ、なに いっているの?」と興味を持って真似してくれたらラッキーです♪

音が鳴る英語の絵本や、楽しい英語の音楽をBGMにかけて一緒に踊ってみたり、NHKの英語の番組を一緒に声を出して楽しんだりするのもお勧めです♪

もしご近所にBE studioの教室があったら体験レッスンに行ってみませんか?

新しい世界が待っているかもしれません☆

もちろん、習い事のお勧めは英語ばかりではありませんが、あなたが一緒に楽しんでバイリンガル教育の世界に入ってきてくれたら嬉しいです(^-^)

《★BE STUDIOのHPはコチラです★》

https://benesse-bestudio.com/